So-net無料ブログ作成

琉球ウコンハーフパック

前の3件 | -

お酒 飲み過ぎ 震え [症状]

お酒の飲み過ぎで震えの症状が出るのは、体温が急激に下がっているからだそうです。

ですので、からだを温めてあげることがいいそうです。


ただ、お酒の飲み過ぎによる震えが、一時的ですぐに治るものであればそれほど心配することはないかもしれませんが、震えが慢性的に出る場合は、アルコール依存症ということも考えられますので、早めに医師の診断を仰いだほうがいいでしょうね。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

お酒 飲み過ぎてしまう [病気]

お酒を飲み過ぎてしまうのは、特に仕事上や人間関係などで悩みを抱えている人は、お酒を飲んでいる間は一瞬でもそれら悩みを忘れることができるからではないでしょうか。

体温が上がって気持ちもよくなりますので、「どうして、こんなことで悩んでいたんだろう」と悩んでいたことが嘘のように気持ちも楽になりますもんね。


ただ、悩みを忘れることをお酒に頼り過ぎてしまうと、アルコール依存症や肝炎さらには肝硬変などの肝機能障害及び肝疾患になる恐れがありますので、お酒の飲み過ぎにはお互い注意したいものです。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

お酒 飲み過ぎ どのくらい [肝臓]

お酒の飲み過ぎってどのくらいからいうのかについては個人差があると思いますので、一概には言えませんよね。

お酒が強い、弱いもあるでしょうし、また、お酒が強い人でもその日の体調などによっても美味しく飲める量は異なるというものです。


といってもやはり、何らかの基準はあるだろうと考え、こういったときに参考になるのは、厚生労働省です。

厚生労働省が国民健康づくり運動「健康日本21」を推奨していました。

それによれば、1日のアルコール量を約20g程度にすると「節度ある適度な飲酒」となるそうです。


アルコール約20gとは、ビールでは中ビン1本程度、日本酒なら1合程度です。

まあ、人によって違うでしょうが、ほろ酔い程度にしておくと、お酒の飲み過ぎにはならず肝臓にも負担にならないということですかね。

nice!(1) 
共通テーマ:健康
前の3件 | -
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。